オールインワンジェルの選び方


初めてのオールインワンジェル

オールインワンジェルの選び方

初めてオールインワンジェルを購入するという方は、たくさんあってどれを選べばいいか悩んでしまうかもしれませんね。

今は様々なメーカーからオールインワンジェルが販売されているので、自分の肌質や好みに合わせて最適なものを選ぶことができます。

では具体的にどんな基準で選べばいいのか、オールインワンジェルの選び方をご紹介します。

オールインワンジェルの種類

まず、オールインワンジェルにはいくつかの種類があります。

ジェル状の多機能スキンケア化粧品のことを総称してオールインワンジェルと呼ばれていますが、その機能は製品によって違いがあります。

基本的には

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液・保湿クリーム

のようにスキンケアの基本である3つの役割を持った製品が多いです。洗顔後に1つ使うだけでいいというタイプですね。

これらの基本的な役割に、化粧下地・日焼け止め・マスク・マッサージジェルなどの機能が追加された製品もあります。機能によって朝用・夜用と分かれていることもあります。

また、洗顔→化粧水の後に使う多機能ジェルもあります。色々な機能が追加された保湿クリームという感覚で使えます。

ちなみに、

「オールインワンジェル」
「オールインワンゲル」

と呼び方に違いがありますが、ほぼ同じものと考えていいと思います。ゲルの方がややこってりしたものが多い印象でしょうか。

肌質に合わせて選ぶ

化粧水や乳液などのスキンケア化粧品を買う際、「高保湿タイプ」「美白タイプ」「ニキビ肌用」など自分の肌質や肌悩みに合わせて選びますよね。

それと同じように、オールインワンジェルも肌タイプに合わせて選ぶといいでしょう。

ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分を配合したという乾燥肌向けの高保湿タイプをよく見掛けますが、こうした保湿成分に加えて美白成分を配合した美白オールインワンジェルは特に人気があります。

シミやくすみでお悩みの方が多いので、オールインワンジェルでも美白ケアをしたいという方が多いんですね。

オールインワンジェルで時短しながら美白ケアもしたいという方は、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなどの美白成分が配合された製品を選びましょう。

他にもエイジングケア、ハリ肌ケア、毛穴ケアなど肌悩みに合わせたケアができるオールインワンゲルがありますから、ご自身の肌タイプ・なりたい肌を考えて選んでみてください。

使い心地・使いやすさで選ぶ

スキンケアアイテムを選ぶ基準として、一番重要なのはもちろん肌への効果ですが、それだけではなくて香りや見た目、テクスチャー、容器なども大きなポイントとなりますよね。

例えばいくら肌に素晴らしい効果があっても、すごく臭かったりべったべただと長期間に渡って使い続けるのは苦痛になってくると思います。

香りやテクスチャーは店頭のテスターや無料でもらえるサンプル、トライアルサイズのお試しセットなどで確認することができますから、できれば購入する前に一度手に取って試してみるのがいいでしょう。

ちなみにオールインワンジェルを塗ると「モロモロ」と呼ばれるカスのようなものが出る場合があります。塗った後肌を擦ると出てくるので、ファンデーションを乗せる際にぽろぽろと落ちることがあるのです。

最近は出にくい製品が多くなりましたが、もしモロモロが出るタイプを使うとしたらあまり肌を擦らないようにするのがコツです。ファンデーションを伸ばす時は擦らずにポンポンと叩くように乗せることでカスは出なくなります。

オールインワンジェルの容器は多くがジャータイプになっています。ジャータイプにはスパチュラが付いたものとそうでないものがありますが、衛生面を考えるとスパチュラ付きのものがいいですね。

スパチュラに関しては蓋の裏に収納スペースがあるもの、中蓋の上に置けるもの、収納スペースがないものなど様々ですが、ここは地味に使いやすさに大きく影響してくるポイントでもあります。

最近はポンプ式やチューブタイプも増えてきましたから、ジャータイプが苦手な方はこうした容器のものを選ぶのもいいでしょう。

心と肌は大きく関係しています。ストレスは肌の大敵ですから、容器が使いづらくて毎回イライラしたり、苦手な臭いを我慢してストレスを溜めてしまってはスキンケアの意味が無くなってしまいます。

ぜひ自分が好き・使いやすいと感じるオールインワンジェルを選んでくださいね。