オールインワンジェルの活用法


様々な役割を持つオールインワンジェル

オールインワンジェルの活用法

オールインワンジェルはいくつもの機能を持った多機能スキンケア化粧品です。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • 保湿クリーム
  • パック
  • アイクリーム
  • マッサージクリーム
  • 化粧下地

オールインワンジェルのすべてがこれらの機能を全部備えている訳ではありまぜんが、基本的にはオールインワンジェルといえば最低でも化粧水・乳液・クリームの3つの役割は備わっているものと考えていいと思います。多いものでは1つで10役という製品もあります。

このようにたくさんの役割を持ったオールインワンジェル。単純に洗顔後に塗る使い方だけじゃなく、実は他の使い道もあります。

そこで、オールインワンジェルの便利な使い方・オールインワンジェルが役立つシーンをご紹介したいと思います。

オールインワンジェルは使い道いろいろ

ハンドクリームとして使う

オールインワンジェルは伸びが良くてスッと浸透するので、ハンドクリームとして使いやすいです。ハンドクリームのべたつきが苦手という方におすすめです。美白タイプなら手の美白効果も期待できますね。

ボディークリームとして使う

ハンドクリームと同じく体にも使えます。お子さんの保湿クリームとして無添加のオールインワンを全身に使っているという方も多いですね。買ったけど肌に合わなかった製品を使い切るための方法としてもおすすめです。

化粧下地に混ぜて使う

伸びの悪い化粧下地に混ぜて使うという使い道もあります。保湿力もアップするので肌がしっとりしますよ。ただ混ぜる際には化粧下地との相性も大切です。

保湿クリームとして持ち歩く

全身に使えるので、1つあれば顔の乾燥にはもちろん、指先や腕、肘、その他乾燥が気になった部分にサッと使う事ができます。小さいケースに入れてバッグに入れて持ち歩いたり、職場のデスクに置いておくと何かと便利ですよ。

旅行に持っていく

1つで基礎化粧品、ボディークリームのすべてをまかなえるので、旅行時の荷物を大幅に削減できます。あれこれ塗らなくていいので温泉から上がった後のお手入れも楽ですね。

ご覧のように、オールインワンは万能ジェルとして様々な使い方が出来るんです。

保湿力たっぷりで美容成分も入っているので、ハンドクリームやボディークリームとして使えばお肌もつるつるになりそうですね。

肌荒れを起こして使えなかったという製品でも体なら問題なく使える場合も多いですから、肌に合わなくて処分しようと思っていたオールインワンジェルがあればぜひ試してみてください。

ちなみにオールインワンジェルは単体使用だけでなく、他のアイテムとの併用も可能です。

「どうも保湿が足りない」
「こってりしすぎて肌馴染みが悪い」

といったように使い心地や使い勝手が悪いオールインワンゲルでも、化粧水や保湿クリームと一緒に使えば十分に使えるレベルになるかもしれません。

というよりも、実際そういった使い方をしている人は結構多いと思います。自分好みにカスタマイズして使えるのもオールインワンゲルの魅力といっていいのではないでしょうか。

私も乾燥が気になる冬の間は、夜だけオールインワンジェルの後に保湿クリームを使います。馬油やニベア、部分的な乾燥にはヴァセリンを使うことが多いですが、特に問題なく使えていますよ。朝に使うならファンデーションの相性もあるので色々試してみた方がいいですね。

買ったはいいものの気に入らなくて使わなくなったオールインワンゲルも、こうした他のアイテムとの併用や今回ご紹介したような様々な使い方をすることで一気にお気に入りアイテムになるかもしれません。

ぜひ自分なりにアレンジして使ってみてくださいね。