他のスキンケア化粧品と併用しても大丈夫?


オールインワンジェルの難点

スキンケア化粧品

オールインワンジェルは1つで何役もの役割を持っていて、1つ使うだけでOKという時短アイテムです。

スキンケア化粧品をあれこれ使っていた時はそれが当たり前だと思っていましたが、オールインワンジェルを使い始めると「今まで何て面倒な事をしていたんだ!」と感じてしまいます。それくらい楽ちんで、一度使うともう元のスキンケアには戻れないくらい便利なアイテムです。

ただ、オールインワン化粧品は便利な分、従来のスキンケアのように肌の状態に合わせて微調整がしにくいというデメリットもあります。

例えばスキンケア化粧品は通常ライン使いが推奨されていますが、中には化粧水と乳液はA社、保湿クリームはB社、美容液はC社というように好みに合わせてあえて別々のブランドのものを使い分けている方もいらっしゃると思います。

また、体調や季節の変化に合わせて「今日は乾燥しているから乳液を多めに使おう」「生理前だから化粧水を多めにして保湿クリームは控えよう」といったように使い方をアレンジすることもできますよね。

しかしオールインワンジェルの場合は様々な役割が1つになっている分、ジェル自体の使う量は調整出来ても個別に調整することができません。

もしオールインワンジェルは使いたくないという方がいるとしたら、この点が主な原因となっているかもしれませんね。

オールインワンジェルだって肌に合わせた使い分けができる!

ではオールインワンジェルだと肌の調子に合わせたケアができないのかというと、そんなことはありません。オールインワンジェルの他に必要なアイテムを一緒に使ってあげればいいんです。

他のスキンケア化粧品と併用してもいいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オールインワンジェルと他のアイテムは併用しても大丈夫です。

ですからオールインワンジェルに足りない効果は他のアイテムで補ってあげることができます。

例えば肌荒れしていてジェルの浸透が悪いなと思った時は先に化粧水を使ってみたり、冬はオールインワンだけじゃ乾燥するなと思ったら最後に保湿クリームを使って保湿力をアップさせることもできます。

本来なら単体使用で済ませられる方が楽ですし、元々単体で使って満足できるように作られています。しかし肌質はみんな同じではありませんから、極度の乾燥肌の人とすぐニキビが出来てしまうオイリー肌の人の両方が100%満足する製品を作るのは大変難しいんですよね。

ですからオールインワンを使う時にはある程度肌質に合ったもの(乾燥肌用、ニキビ肌用など)を選び、それから肌の状態に合わせて足りないと思ったら他のアイテムを追加してあげるのがオールインワンジェルの最も効果的な使い方と言えると思います。

他のスキンケア化粧品と併用する際の使い方

オールインワンジェルと他のスキンケア化粧品を一緒に使う場合、使う順番だけは意識してください。

化粧水や美容液のような水っぽいテクスチャーのものはジェルよりも先に使いましょう。そして乳液や保湿クリームのような保湿目的のものはジェルの後に使います。

オールインワンジェルの後に化粧水をつけても浸透しませんし、逆に保湿クリームを先に使ってしまうとオールインワンジェルが浸透していきません。

この順番さえ守ればオールインワンジェルと他のアイテムの併用が可能になりますから、単体使用だと物足りなさを感じる製品には他のアイテムを追加して自分なりにカスタムして使ってみてくださいね。