メイクとの相性が悪い時の対処法


オールインワンジェルはファンデとの相性が悪い?

ファンデーションとの相性

巷で人気のオールインワンジェルですが、中には「オールインワンジェルってあんまり好きじゃない…」っていう方もいらっしゃると思います。

その原因として、メイクとの相性が悪いからという理由を挙げる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「初めて使ったオールインワンがメイクとの相性最悪だった」
「オールインワンゲルの後はいつもファンデーションが上手くのらない」
「ファンデがムラになってひどい」

など、ファンデーションとの相性が良くないと感じている方も結構いらっしゃるようです。

確かに使い方によってはメイクのノリや持ちが悪くなってしまう事もあります。しかしコツを掴めばその仕上がりはグッと良くなるはずです。

今までこれが原因でオールインワンジェルの使用を控えていたという方は、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてくださいね!

メイク前にオールインワンジェルを使うコツ

ファンデとの相性が悪いというのは、具体的にいうと

  • ポロポロとカスが出てくる
  • 塗りムラができる
  • ファンデがよれる

といったことですよね。

こうした事が起こってしまう最も大きな原因は、オールインワンジェルがまだ浸透せず肌表面に残った状態でメイクをしているからだと思います。

オールインワンに限らず、乳液やクリーム、化粧下地でもべたべたした状態だとファンデーションがのりにくくなりますよね。オールインワンジェルはジェル状で肌表面に残りやすいため、こうした事が起こりやすいんです。

またオールインワンジェルの場合、製品によってはファンデや下地と混じり合うことでカス(モロモロ)が出てきてしまうものもあります。そのため肌表面に残ったジェルとファンデが混ざることでモロモロが出てしまいます。

こうした事態を防ぐためには、オールインワンジェルを塗った後少し時間を置いてからメイクを始めるのがコツです。そうすることでジェルが肌に馴染むので、肌表面にジェルが残りにくくなります。

それでもいつまでも馴染まずべたべたしてしまう場合は、一度に使う量が多すぎるのかもしれません。ジェルの付け過ぎも浸透しづらくなる原因になりますから、使用方法どおりの適量を使うように心掛けましょう。重ね塗りする場合は薄く伸ばしていくと浸透しやすくなりますよ。

また、モロモロは指やパフで必要以上に擦ってしまうことでも発生しやすくなります。リキッド系のファンデは優しく馴染ませる、パウダー系のファンデはパフなら擦らず優しく叩いて馴染ませる、ブラシは強く押し付けずにさっと乗せるなど、塗り方を工夫しましょう。

摩擦は肌にとっても良くありませんから、つい強めに擦って付けるのがクセという方は肌のためにも改善した方が良いですよ。今一度メイク方法を見直してみてくださいね。

それでもモロモロが出てしまう時は

このようにしっかり浸透させてからメイクをする、ファンデの塗り方を工夫するといった方法で大分メイクの仕上がりは変わってくると思います。しかしこうして使い方に気を付けても、それでもモロモロが出てしまうというケースもあります。

というのも、モロモロはジェルとファンデに含まれる成分同士が反応することで発生します。最近はモロモロが出にくい処方のオールインワンジェルも増えてきているのですが、まだ出やすい製品もあります。

そうしたオールインワンジェルだと、一緒に使うファンデーションによってはどうしてもモロモロが出てきてしまうんですよね。

ですからその場合はやはり相性が悪いということで、諦めて違う組み合わせで使っていく他ないかもしれません。

当サイトでご紹介しているオールインワンジェルは口コミも「モロモロが出にくい」という意見も多いですから、気になる方はお試ししてみてはいかがでしょうか。

おすすめの美白オールインワンジェルはこちら!