オールインワンジェルと日焼け止めを塗る順番は?


紫外線対策に日焼け止め

日差しを浴びる女性

日焼け止めはシミ対策・美肌対策に欠かせませんね。

紫外線が肌に与える影響は深刻ですから、日焼けはもちろん、シミ、シワ、たるみ、乾燥など様々な肌悩みを予防・悪化させないためにもしっかりとUVカットをする必要があります。

UV対策グッズには日傘やアームカバー、UVカット加工された衣類など色々とありますが、顔への紫外線対策として最もポピュラーなのが日焼け止めを塗る方法でしょう。

毎日のメイク前に気軽に使えますし、日傘やサンバイザーのように見た目にも影響しないので使いやすいですよね。

日差しが強い夏や長時間屋外で活動する時には日焼け止めと日傘などのUV対策グッズを併用し、それ以外の時は日焼け止めやUVカット効果がある化粧下地などを使って紫外線対策を行うのがいいでしょう。

日焼け止めを使うタイミングは?

このように毎日使いたい日焼け止めですが、普段オールインワンジェルを使ってお手入れしている方は、日焼け止めをどのタイミングで使えばいいのか悩んでしまったことがあるのではないでしょうか。

通常の化粧水や乳液を使ったスキンケアをしている場合だと、すべてのケアが終わった後に日焼け止めを塗り、その後メイクという流れですよね。

しかし、「オールインワンゲルの場合…日焼け止めは先?後?」と戸惑ってしまうかもしれません。

オールインワンを使った際の日焼け止めを使用するタイミングは、オールインワンジェルを塗った後が正解です。

オールインワンジェルと化粧水や保湿クリームを併用している場合も同様で、日焼け止めはお手入れの最後に使ってください。

ただし、オールインワンジェルと日焼け止めを一緒に使う場合にはちょっとしたコツが必要になります。それはオールインワンジェルがきちんと肌に浸透した後に日焼け止めを使うということです。

オールインワンジェルがまだ肌の表面に残った状態(べたべたした状態)のまま上から日焼け止めを塗ってしまうと、オールインワンジェル特有のモロモロが出てきてしまったり、メイクがよれる原因にもなります。

ですからオールインワンジェルと化粧下地を併用する時と同様に、スキンケアの後少し時間を置いてから日焼け止めを塗るようにするといいでしょう。

化粧下地と日焼け止めはどっちが先?

ちなみに、化粧下地と日焼け止めを一緒に使う場合はどちらを先に使えばいいのでしょうか。

この場合は日焼け止めが先で、化粧下地はその後に使うようにしましょう。

オールインワンジェル ⇒ 日焼け止め ⇒ 化粧下地

の順番ですね。

化粧下地はファンデーションのノリを良くする役割もあるため、その効果を引き出すには化粧下地の次にファンデーションを使うようにしなくてはいけません。なので下地はお手入れの一番最後、メイクの前に使うのが正解なんです。

このように、オールインワンジェルと日焼け止め、化粧下地を使う場合はその順番に気を付けてみてくださいね。

そして、これらを併用する際はそれぞれの相性も重要です。

相性が悪いとモロモロが出る原因になったりムラになることもあるので、どうもベースメイクの仕上がりが悪いと思ったら使うアイテムを変えて様子を見てみましょう。イマイチだと思っていたアイテムの使用感がぐんと良くなるかもしれませんよ。

また、塗り方にも注意が必要です。それぞれのアイテムを肌に塗っていく際、あまりゴシゴシと力を入れて伸ばしてしまうとオールインワンジェルのモロモロが発生しやすくなります。

もちろん摩擦は肌にも良くありませんから、肌に伸ばしていく際は指やスポンジで優しく伸ばすように気を付けましょう。