美白ケアも!おすすめオールインワンジェル > オールインワンジェルで肌悩み解消 > 無添加オールインワンを選んで低刺激スキンケア

無添加オールインワンを選んで低刺激スキンケア


敏感肌・肌が弱い方の悩み

無添加スキンケアイメージ

敏感肌やアトピー肌など、肌が弱い方はスキンケア化粧品によって肌荒れを起こしやすいですよね。

肌荒れが起こる原因は配合成分にあります。肌のバリア機能が低下していると外部刺激に弱くなるため、普通肌では感じないような刺激も肌が弱い方は刺激になってしまい、その結果肌が炎症を起こしてしまいます。

ですから一般的に良いとされている化粧品も、敏感肌にとってはただの刺激物でしかない…ということもあるんですよね。

そうした頻繁に肌荒れを起こしてしまう方におすすめなのが、無添加化粧品です。

アルコール、防腐剤、香料、着色料、合成界面活性剤など、スキンケア化粧品に配合される成分の中には刺激の強いものがたくさんあります。

これらの成分は普通肌なら特に問題なく使えたりしますが、人によっては肌が過敏に反応してしまうことがあります。ですから敏感肌の方はなるべくこうした成分を含まない製品を選ぶのが良いでしょう。

自分の肌に合わない成分が分かっている方はその特定の成分が無添加の製品選びができますが、よく分からないという方はなるべくたくさんの無添加をアピールしているものや、敏感肌向け、敏感肌におすすめといったキーワードに注目してみてください。

おすすめ無添加オールインワンジェル

化粧水や乳液で無添加の製品があるように、オールインワンジェルでも無添加のものはあります。

オールインワンジェルは肌に触れる回数が少なくて済む分摩擦刺激を抑えられるため、敏感肌の方におすすめのスキンケア化粧品でもあります。

オールインワンジェルで肌荒れを起こしたことがあるという方は、無添加オールインワンジェルを試してみてはいかがでしょうか。

低刺激な製品をお探しの方におすすめしたい、無添加オールインワンジェルをご紹介します。

パーフェクトワン

【無添加】パラベン・合成香料・合成着色料

パーフェクトワンは新日本製薬のコスメブランドです。製薬会社が作ったオールインワンジェルということで安心感がありますね。

美白タイプの「薬用ホワイトニングジェル」もあるので、保湿だけでなく美白ケアがしたいという方にもおすすめです。

ローヤルゼリーもっちりジェル

【無添加】合成香料・着色料・鉱物油・旧表示指定成分・パラベン・アルコール

年齢肌オールインワンジェルのローヤルゼリーもっちりジェルは、乾燥による小ジワを目立たなくしたい方におすすめのジェルです。アレルギーテスト済みです。

高い浸透力でべたつかないのにずっと潤うのが特徴です。

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

【無添加】合成界面活性剤・アルコール・パラベン・香料・着色料・鉱物油・ポリマー

株式会社サティス製薬と共同開発で作られたキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ。独自成分の天然ジェルを使用しています。

国産馬の3成分(馬プラセンタ・馬のサイタイエキス・馬油)が潤い・ハリ・透明感・キメのある肌へ導きます。

無添加化粧品は本当に肌にいいの?

無添加オールインワンジェルは必ずしも誰の肌にも優しいとは限りません。

無添加といっても、何が無添加なのかはそれぞれ違います。自分の肌に合わない成分が無添加であればいいのですが、肝心の肌荒れを起こす原因となる成分が他に入っていれば結果的に肌荒れは起きてしまいます。

それに無添加化粧品を謳っていても、具体的にどの成分を使っていないのか全く分からない製品もあります。実際には一部の刺激成分を使っていないだけで、肌に悪い成分がたっぷり使われているということも。

ですからただ「無添加」という言葉に反応するのではなく、それは自分にとって本当に低刺激な化粧品なのかという事をよく考えてから選ぶようにしましょう。

具体的にどの成分が肌荒れを引き起こすのかを特定するのは難しいのですが、今まで肌荒れを起こした化粧品の配合成分を調べてみて、共通する成分があればそれが疑わしいというのは分かると思います。

もちろん化粧品を作る上で必要不可欠な成分で、なおかつ無害な成分もたくさんあります。ですから一般的に肌荒れを起こしやすいとされる成分からチェックしていくといいでしょう。

代表的なのはエタノール(アルコール)です。エタノール配合の化粧水は多いのですが、肌への刺激が強いため肌荒れや乾燥を引き起こしてしまう人も多いです。

そのためアルコールフリーの化粧水が数多く販売されているので、そうした製品を試してみることから始めてみるのもいいでしょう。

ちなみに肌荒れを起こすかどうかはその日の体調・コンディションにも大きく影響されます。生理前や生理中、寝不足、ニキビや傷がある時など、肌荒れを起こしやすい時には普段は大丈夫な成分でも刺激を感じてしまうことがあります。

逆に一度使ってダメだった化粧品が別の日に改めて使ってみると問題なく使えたということもありますから、無理のない範囲で色々試してみるのもいいかもしれませんね。