30代の美白ケア


30歳を過ぎると体力も肌の状態も変わってくる

30代の女性

肌の状態は年齢によって大きく変わります。10代~20代前半の頃はピチピチ・つるつるの肌だったものが、20代後半頃から徐々に変化してきて、30代になるとシミ、シワ、くすみ、毛穴のたるみなど肌の悩みがどんどん出てきます。

30歳を機に体力の衰えを感じるという方は多いですね。例えば、

  • 徹夜が出来なくなった
  • 風邪をひきやすくなった
  • 肩こりが酷くなった
  • お酒に弱くなった
  • 油っこいものを食べられなくなった

といったような症状を訴える方が多いです。20代の頃は無茶出来たのに、30代になってからはそれがだんだんと出来なくなってくるんですよね。一気にガタがくる感じです。

それと同じことが肌でも起きてきます。今まで目立った肌トラブルが無かった方も、30歳を過ぎた頃から急に悩みが増え始める方が多いんですよね。

実際多くの方が30代になるとエイジングケアを意識し始めます。まだシミやシワが出てきてなくても「私も30歳になったからもうエイジングケアを始めなきゃヤバイかな」と焦っている方も少なくないと思います。

30歳は美白ケアを始める一つの目安、と言ってもいいのではないでしょうか。

美白マッサージでターンオーバーを促す

30代を過ぎるとターンオーバーが低下してきますから、肌が生まれ変わるまでにかかる期間がどんどん長くなります。そうすると古い角質が溜まりやすくなってきますし、メラニンも排出されにくくなって沈着してしまいます。

古い角質が溜まると肌がくすんで見えますし、排出されないメラニンはやがてシミとなってしまいます。ですから、30代の美白ケアではターンオーバーを促してあげることが大切になってきます。

肌の新陳代謝を促進してターンオーバーを高めるには、肌の保湿をしっかりするとともに、マッサージを行うことも効果的です。

マッサージによる美白ケアは特に新陳代謝を促したい30代の美白ケアにぴったりです。紫外線対策などと一緒にぜひ取り入れたいですね。

美白マッサージは専用のマッサージクリームを使用してもいいのですが、

ホワイトニングリフトケアジェル

なら毎日のスキンケアと同時に美白マッサージを行う事が可能になります。

というのも、ホワイトニングリフトケアジェルはオールインワンジェルでありながらマッサージクリームとしての役割も持っているんです。

通常のオールインワンジェルだと多めにとってマッサージをしようとしても、途中で乾いてきてしまいます。乾いた状態でマッサージを続けると摩擦により肌に大きな負担をかけてしまうので好ましくありません。

しかしホワイトニングリフトケアジェルなら粘弾性が高く揮発しにくいので、通常のオールインワンジェルとして使うだけでなく、マッサージクリームとして使う事もできるのです。

洗顔後に手に取ってマッサージするだけで、基本的なスキンケア・マッサージによる美白ケアの両方を同時に行うことができます。これはかなりの時短になりますよね。

さらにホワイトニングリフトケアジェルにはプラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲン・シコンエキスなどの美白・保湿成分もたっぷりと配合されているので、マッサージによる美白効果だけでなくこれらの成分による美白・保湿効果も期待できます。

美白ケアを始めてみようかな、でもわざわざマッサージジェルや美白美容液を買ってきて使うのはちょっと面倒だな…と思っている方にもぴったりです。

気軽に始められる美白ケア、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。